モモ Net Studio パパも一緒

カワセミ・ハヤブサの動体撮影を中心に拘り、日々模索中…

ちょっと真面目にコアジサシ撮ってみる_02

20210530-_DSC8660.jpg
α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1600sec ISO-1250


前回の続きで全体の2/3になります。
枚数も多いのですが、次回は番外編になるので今回が枚数多くなりました。

天気はこれから晴れて来るので、斜光からTOP光となる立ち位置でのAFを見たくてココで続行。
AF枠はトラッキングのみで瞳AFは入ったままで行きます。
敏感度は基本MAXなので、そこもそのままです。


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ

20210530-_DSC8850.jpg
α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1600sec ISO-1250

20210530-_DSC9271.jpg
α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1250sec ISO-100

20210530-_DSC9302.jpg
α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1600sec ISO-800

20210530-_DSC9316.jpg
α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1600sec ISO-800

20210530-_DSC9338.jpg
α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1600sec ISO-800

20210530-_DSC9837.jpg
α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

実はこういった写真の方が好きだったりする^^;
斜光・逆光ならではだろうか?

20210530-_DSC9844.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC9996.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

一番驚いたのがコレ…この水面で被写体も水面に近い状態でピンが来る事。

20210530-_DSC9997.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC9998.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0002.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

しかも一枚だけ来ちゃいましたって事じゃない。
トラッキング恐るべしwww

20210530-_DSC0194.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0200.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0203.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0205.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

ギラギラとか関係ないのかなぁ〜?
これがクロスセンサーになったらどうなるのだろうか?

20210530-_DSC0362.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0367.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0430.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0432.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0447.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0454.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0455.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

ゴチャゴチャしていても大丈夫そう?

20210530-_DSC0456.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0457.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0461.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0462.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

この感じからすると、カワセミも飛び出し直後からトラッキングで捉まえる事が出来ればイケるんだろうなぁ〜。
ほぼ無理だろうけどww

20210530-_DSC0492.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0497.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0499.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0505.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0510.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0520.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0559.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

そろそろ光がダメになって来たか?

20210530-_DSC0571.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0596.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0597.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0599.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0612.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0613.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0615.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

もうコッチ側の光はダメだ。

20210530-_DSC0638.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0639.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0649.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0651.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0686.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0756.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0790.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0833.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

む、近いのは追えなかった。

20210530-_DSC0835.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0856.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0859.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0869.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0885.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0901.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0907.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0917.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0922.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC0924.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC1029.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC1047.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC1049.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC1050.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC1052.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC1718.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC1719.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC1727.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640

20210530-_DSC1729.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-640


最後はコメント無しで一気載せでしたが、もう特に語る内容も無くなちゃいました^^;
と言うのも総括すると、ファインダー維持さへ出来れば撮れるって事ですww

恐らくゾーンだと不安定になる要素は増えると思うので、この鳥はトラッキングオンリーで良いです。
捉まえたら根性でファインダー内維持に努める。

照準器使う人ならそれで完結しちゃうかも知れませんが、それでは面白さ半減!!
もうカメラが優秀ならせめてファインダー撮影に拘ろうw

こうなるともう、近いヤツ狙いだけでイイか?


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。