モモ Net Studio パパも一緒

カワセミ・ハヤブサの動体撮影を中心に拘り、日々模索中…

2020_暗い・近い・速いカワセミ24

20201121-_DSC1356-Edit.jpg
α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/320sec ISO-400


前回の続き…
水位が下がり続け、最初に飛び込んでいた場所は完全に地面が出て採取不可となりました。

この池から出ちゃうかとも思いましたが、同じエリア内で移動だけで済んでくれました。
それも一番近い枝が今度の主戦場となります。

距離が近いだけでなく、高さも低いのでダイブは一瞬の出来事になるか、もしくはジャンプアップダイブとなるかと…。
いづれにしても難易度高い距離になるので楽しみで仕方ないww


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ

20201121-_DSC0819-Edit.jpg
α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/80sec ISO-400

前回の記事の最後より休憩に入り、出て来たのは一時間半経ってからになりました。
その間に水位は下がり、主戦場は完全に地面のみ。

この近い場所がメインになりそうな予感…いや、ココにしてくれ!!(笑)

20201121-_DSC0826-Edit.jpg
α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1000ec ISO-3200

水面反射がキツくてSSはギリ4桁です。

20201121-_DSC0828-Edit.jpg
α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1000ec ISO-3200

20201121-_DSC0830-Edit.jpg
α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1000ec ISO-3200

20201121-_DSC0831-Edit.jpg
α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1000ec ISO-3200

水面までが低く、ダイブから離水・着枝が一瞬で終わるので飛び付きまで終えない。

20201121-_DSC1240-Edit.jpg
α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/80ec ISO-400

20201121-_DSC1242-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1250ec ISO-3200

着水も間に合わない事も多く、しんどいけど楽しいww

20201121-_DSC1250-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1250ec ISO-3200

20201121-_DSC1252-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1250ec ISO-3200

20201121-_DSC1297-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1250ec ISO-3200

今度はジャンプアップと思ったら瞬ホバ!!

20201121-_DSC1299-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1250ec ISO-3200

20201121-_DSC1304-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1250ec ISO-3200

従来のクセで離水も撮ろうと思うと、一回シャッター切るの辞めちゃうんです。
ワンタッチ離水なので一旦指離したら間に合わなかった。
このまま切り続けちゃえば良かったかなぁ〜。

20201121-_DSC1361-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/200ec ISO-400

真下に発見したもようです。
垂直落下のショート戻りになりそうなので、カワセミ初のトラッキングAF(S)にしてみたいと思います。

20201121-_DSC1364-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1000ec ISO-3200

20201121-_DSC1365-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1000ec ISO-3200

20201121-_DSC1368-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1000ec ISO-3200

20201121-_DSC1370-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1000ec ISO-3200

20201121-_DSC1372-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1000ec ISO-3200

トラッキングすげ〜って思ってたらこの直後に回り込むように枝に戻り、自分が余計なレンズの振りをしていまいロストしてしまった。
そのまま小さく動けば全部撮れたと思うだけに残念でした。

20201121-_DSC1390-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/200ec ISO-400

20201121-_DSC1396-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1250ec ISO-3200

20201121-_DSC1397-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1250ec ISO-3200

この時も先読みしてレンズ動かしたら全然上がって来なくてAFすっぽ抜けたww

20201121-_DSC1480-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1250ec ISO-1600

右側は水位が下がり、そっちは飛び込み出来そうもありませんよ。

20201121-_DSC1490-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/320ec ISO-400

左側オンリーではないでしょうか?

20201121-_DSC1498-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1600ec ISO-2000

水平にスパーンっと飛び出すと間に合わん!!

20201121-_DSC1501-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1600ec ISO-2000

20201121-_DSC1503-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1600ec ISO-2000

20201121-_DSC1504-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1600ec ISO-2000

それにしてもイイ色の光だわ〜♪
久しく撮って無かった色です。

20201121-_DSC1505-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1600ec ISO-2000

20201121-_DSC1506-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1600ec ISO-2000

20201121-_DSC1525-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/400ec ISO-400

後半戦始まって一時間半経過したので、動きも悪くなって来ました。

20201121-_DSC1538-Edit.jpg
▲α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/6.3 1/1250ec ISO-3200


最後は飛び込みも無く、移動してるだけになったので終了としました。
今回は楽しかったですねぇ〜。

やっとこのカメラの実力を知った思いでした。
使い勝手の悪い部分もあり、クセの強い機種でもあるのですがね…
AFが強力過ぎて、どんな認識力と追従力なの?って考えてしまいます。

後は早くにシャッターが切れれば無敵ですわ(自分が悪いのだけど)ww


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。