モモ Net Studio パパも一緒

カワセミ・ハヤブサの動体撮影を中心に拘り、日々模索中…

チョウゲンボウの世界にもドラマはある!!

20200624-_DSC0002.jpg
D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/7.1 1/80sec ISO-400


前回より数日後…
消えた幼鳥、消えた親達、残りのペアの子育て状況…知りたい事、不安な事…

ただ黙って見てる事しか出来ないのだけど、見続けていると驚かされる事に直面する時がある。
今回は前回と違って枚数多いです。

予想に反して撮れ高が高かった事と、毎年この月になると狙ってる場所を飛んでくれたので多く掲載ww
また、それ以外のドラマもありそうな予感が…


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ

20200624-_DSC0021.jpg
D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.61 1/320sec ISO-1000

朝5時半、思った以上に暗かったww

20200624-_DSC0052.jpg
D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/7.1 1/200sec ISO-640

6時を回った頃、曇天なりに明るさが増して来ました。
この場所にオスが居ると高確率で備蓄探しから始まりますが、大概がスカですww

それでもこの時期は狙える瞬間があります!!

20200624-_DSC0075.jpg
D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/320sec ISO-1000

そう、田植えを終えたばかりの苗の上を飛ぶ姿です。

20200624-_DSC0080.jpg
D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/320sec ISO-1000

問題はどの距離で、どの向きを飛ぶかです。

20200624-_DSC0085.jpg
D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/400sec ISO-1000

右回りだと遠くなり背景も人工物が多く入りアウト、左回りなら距離が近くなり人工物回避となります。

20200624-_DSC0093.jpg
D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1250

望んだ方向へ飛び出してくれてドキドキです♪

20200624-_DSC0098.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1250

20200624-_DSC0102.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1250

20200624-_DSC0106.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1250

この手の絵は引きの方がイイかと思って被写体は小さめに載せますね。

20200624-_DSC0109.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1250

20200624-_DSC0111.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1250

20200624-_DSC0117.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1250

近めを旋回し始めた時には高度も上がり、背景もボケ切ってしまった。

20200624-_DSC0120.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1250

20200624-_DSC0121.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1250

20200624-_DSC0124.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1250

20200624-_DSC0126.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1250

ここまで高度が上がると背景は住宅街が入って来るので、撮影はココまで。
願った所を飛んでくれてヨカッタ〜♪

20200624-_DSC0186.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/7.1 1/125sec ISO-640

珍しく朝から備蓄があり、給餌は隠れてるメスに無事渡せたようです。

20200624-_DSC0195.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/7.1 1/80sec ISO-640

離れて羽繕いしてると、奥から前回どっかへ飛んで行ってしまった隣りの幼鳥が現れました!!
あれからちゃんと戻って来ていたようで安心しましたが、見てる感じこちらのオスに餌クレのポーズのようです。

オスの表情からして嫌がってる感じはしませんが、幼鳥からは飛んで離れてしまいました。

20200624-_DSC0218.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1000

このポジションは休憩or狩りへの出発点orダイレクト狩りと多様される場所です。
一番気を付けなければならないのが、ダイレクト狩りとなり、構えてる背後へ突撃となります。

20200624-_DSC0220.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1000

頻度は低いのですが、念のため構えていると出ました!!

20200624-_DSC0232.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1000

足出たんで狩り確定です!!

20200624-_DSC0234.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1000

問題は向かって降下する撮影でどこまでブレずに追えるかですねぇ〜。

20200624-_DSC0240.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1000

20200624-_DSC0243.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1000

晴れてるとド逆光なので、曇っててヨカッタです♪

20200624-_DSC0247.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1000

突撃コースからすると、背後の土手裏へ消えるコースかな…

20200624-_DSC0248.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1000

土手上の草が見えて来たので、撮影出来るのもそろそろ終わりです。

20200624-_DSC0249.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1000

20200624-_DSC0250.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1000

ココまで追従して草裏へ消えました。
完走出来たので良しですね。

飛び出しは予測で待ってたんですが、至近距離から急に出て来るので捉える事は出来ませんでした。

20200624-_DSC0263.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/7.1 1/160sec ISO-640

足元見えませんが先ほどの土手裏で捕まえたのはスズメでした。

20200624-_DSC0267.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/7.1 1/400sec ISO-640

お隣りの幼鳥は完全にコチラ側に滞在中ですが、当然のように餌はもらえません。

20200624-_DSC0274.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/7.1 1/1250sec ISO-640

20200624-_DSC0281.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/7.1 1/1250sec ISO-640

暫く大人しくしてましたが、前回の時のように遠くへ飛んで行ってしまいました。

20200624-_DSC0329.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1000

20200624-_DSC0349.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1000

20200624-_DSC0354.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1000

1時間半後、3回目の給餌。
今回は給餌ペースが早いので、数こそ居なくても大きく育ってると思われます。

20200624-_DSC0405.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1000

1時間20分後、給餌タイムは落ち着きまったりタイムです。

20200624-_DSC0409.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1000

20200624-_DSC0417.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/640sec ISO-1000

20200624-_DSC0442.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/800sec ISO-1000

30分後、オスだけがフラフラしてます。

20200624-_DSC0448.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/800sec ISO-1000

20200624-_DSC0461.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/800sec ISO-1000

20200624-_DSC0466.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/800sec ISO-1000

20200624-_DSC0477.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/7.1 1/320sec ISO-400

20200624-_DSC0482.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.6 1/800sec ISO-1000

最後の給餌から2時間経過、幼鳥は出たままでメスは引っ込んだままでオスのみがフラフラ…

20200624-_DSC0491.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/6.3 1/1000sec ISO-800

更に30分後のお昼近くになって幼鳥が戻って来ました。
かなりお腹減ってるのかオスにおねだりしてるようですが、親ではないので難しいでしょうねぇ。

20200624-_DSC0496.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/6.3 1/1000sec ISO-800

やはり飛ばれてしまいました。

20200624-_DSC0511.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/7.1 1/1000sec ISO-640

でもオスは直ぐに戻って来たけど…
暫く幼鳥と向かい合ってから何処かへ飛んで行きました。

何となくですが、追い払う事もなく近くに飛んで戻って来たので、もしかしたら狩りへ出掛けたのカモと思ったのですが…。

20200624-_DSC0543.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/7.1 1/800sec ISO-640

しかし。オスが消えた2分後に幼鳥が先ほど消えて行った方角へ飛んで行ってしまった。

20200624-_DSC0548.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/7.1 1/800sec ISO-640

20200624-_DSC0574.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/7.1 1/800sec ISO-640

幼鳥が消えてから20分後…

20200624-_DSC0593.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/7.1 1/500sec ISO-400

オスが餌持って帰って来ました。
メスに渡さないでムシってるので、自分で食べるか隣りの幼鳥へ渡すのかだと思うのですが、確認したかった幼鳥が居なくなってるのが悔やまれます。

20200624-_DSC0622.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.61 1/1250sec ISO-800

先ほどまで幼鳥が居た場所へ餌持って行ってから備蓄へ回したので、ほば間違いなく隣りの幼鳥への給餌と確信!!

20200624-_DSC0625.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.61 1/1250sec ISO-800

20200624-_DSC0632.jpg
▲D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III f/5.61 1/1250sec ISO-800


ココまで見て、時間切れとなり終了しました。
撮影時にはもう一人居たので、その方から後ほど連絡がありました。

オスが隣りの幼鳥へ給餌したのを確認したと…
ちょっと目頭が熱くなりました。

厳しい自然界とは聞きますが、親から見捨てられた子の面倒を引き受けた事。
人でも難しい選択だと思いますが、本能の塊のようでも心はあるのだなと感動しました。

これでちょっと安心したので、今度はこの目で餌を渡すシーンを見たいですねぇ〜。


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。