モモ Net Studio パパも一緒

カワセミ・ハヤブサの動体撮影を中心に拘り、日々模索中…

決断!! 絶景カワセミ

20171227-_5000003.jpg
D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/7.1 1/40sec ISO-400


別のフィールドへ出掛けても、やっぱり気になる絶景カワセミ
毎年冬はココで過ごしてるので、行けば落ち着くww

何度も言ってるように、今期は絶望的なパフォーマンスで忍耐の連続です。
今回は2日間ほど撮影して、ある結論へ辿り着きました。

その流れを追って見て行きましょうかね…


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ

20171227-_5000009.jpg
D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/7.1 1/125sec ISO-400

先ずは初日、7時ごろにフィールドINしてTOP画像が7時過ぎ。
コレが10時前ww

20171227-_5000001-2.jpg
D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/4.5 1/1250sec ISO-100

何もなく時間が過ぎて行きます。

20171227-_5000021.jpg
D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/7.1 1/125sec ISO-360

次の登場がお昼過ぎ…

20171227-_5000025.jpg
D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/3.5 1/1250sec ISO-400

1時ごろ、頭上をハヤブサ若がしつこく旋回中…ヒマや…

20171227-_5000049.jpg
D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/3.5 1/1000sec ISO-500

ハヤブサの若が居なくなってから、やっと登場したけどね…
君、気が付いてナイみたいだけど…

20171227-_5000051.jpg
D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/3.5 1/1000sec ISO-500

あなたの隣に居ますがなっ!!
コイツが逃げたおかげで追いかけて行って、それっきり戻らず終了( ̄◇ ̄;)

20171229-_5000002.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/6.3 1/160sec ISO-320

後日、同じく7時にIN…イカルがワサワサ居るだけだわww

20171229-_5000036.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/3.5 1/1000sec ISO-500

11時半ごろ(笑)、ダメゾーンでホバ
どんだけ来ねぇんだよ!!

20171229-_5000125.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/4.5 1/1600sec ISO-320

13時過ぎ(汗)、絶景ゾーン…

20171229-_5000126.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/4.5 1/1600sec ISO-320

20171229-_5000127.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/4.5 1/1600sec ISO-320

真下への縁ダイブで居なくなり終了( ̄◇ ̄;)
冬になっても一向に状況が一変しないので、この個体では無理と判断しました。
と言う事で、次回からポイント変更して下流へ移動します。

20171230-_5000147.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/7.1 1/50sec ISO-400

そして次の日、7時過ぎにダイレクトに下流にIN。
ココの個体もオスで、上流の2個体前のカワセミくんに似た雰囲気の子が居ました。

20171230-_5000167.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/3.5 1/400sec ISO-800

7時半になっても朝日が届かず暗いので、ダイブは撮らずに光が入るまで待つ事にします。

20171230-_5000182.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/7.1 1/40sec ISO-400

下流の景観は全くもってダメなんですが、圧倒的にカワセミとの距離が近く、
この子も相当人馴れしてるようです^^;

20171230-_5000188.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/7.1 1/40sec ISO-400

3分後…( ̄◇ ̄;)
あと数分で光が入りそうだったのに、大物かいっ!!

20171230-_5000195.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/7.1 1/160sec ISO-320

2分半でこの明るさ、運無さ過ぎだろ!!

20171230-_5000226.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/7.1 1/250sec ISO-100

1時間待ってます。
まだ無理っぽいっス!!

20171230-_5000244.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/5.6 1/1600sec ISO-400

更に30分待ってます。
下流で仕切り直しと考えても、結局同じ様に待ちっス!!

20171230-_5000245.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/5.6 1/1600sec ISO-360

もう直ぐ2時間になります。

20171230-_5000252.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/5.6 1/1600sec ISO-400

やっぱり2時間休憩で活動再開です^^;

20171230-_5000268.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/5.6 1/1600sec ISO-400

20171230-_5000269.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/5.6 1/1600sec ISO-400

20171230-_5000270.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/5.6 1/1600sec ISO-400

くっ、コイツも2アクション離水かよ!!

20171230-_5000272.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/5.6 1/1600sec ISO-400

一回頭が沈んだおかげでAF抜けましたww

20171230-_5000276.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/5.6 1/1600sec ISO-400

押しっぱなしで戻りましたww
アブねぇ、B面離水だったからヨカッタ!!

20171230-_5000290.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/5.6 1/1600sec ISO-400

しかし、背景がゴチャゴチャしていて酷いな。

20171230-_5000292.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/5.6 1/1600sec ISO-360

思えば絶景ゾーンで撮影する迄の数年前までは、ココで撮影してたんだよなぁ。
朝から水に浸かってたり、目の前で寝ちゃうカワセミくん…覚えてますか?(誰に言ってる…)

20171230-_5000295.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/5.6 1/1600sec ISO-320

20171230-_5000296.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/5.6 1/1600sec ISO-320

あの頃は、ここまで護岸が崩落してなかったし…

20171230-_5000297.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/5.6 1/1600sec ISO-320

20171230-_5000298.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/5.6 1/1600sec ISO-320

20171230-_5000299.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/5.6 1/1600sec ISO-320

こんな手前にツルがぶらんぶらんしてなかったし…
って、撮り辛いわ!!(怒)

20171230-_5000337.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/4.5 1/1600sec ISO-320

思い出した!!
手前に飛んで来るダイブなら背景が入らないからイイのが撮れるんだった。

20171230-_5000338.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/5.6 1/1600sec ISO-320

ただ奥から手前に来るので、その距離が近いと難易度が超高くなる事も思い出したww

20171230-_5000339.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/5.6 1/1600sec ISO-360

20171230-_5000340.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/5.6 1/1600sec ISO-360

あら残念、羽根上がりカットが含まれてないや。

20171230-_5000355.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/5.6 1/1600sec ISO-320

20171230-_5000356.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/5.6 1/1600sec ISO-320

完全に順光になる位置に毎回移動するからISOオートも使えるな。

20171230-_5000378.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/7.1 1/125sec ISO-100

朝一の待ち時間以外は順調に撮影してる様に見えますが、この子はこの子で問題もありました。
一回飛び込むまでが長ーーーーいww

上がる→20分水面凝視→移動→20分水面凝視→無限ループ(笑)。
この直後も待ちくたびれて、目を離して前を見ると消えてる…探していると右横に発見!!

20171230-_5000390.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/4.5 1/1600sec ISO-400

20171230-_5000406.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/4.5 1/1600sec ISO-400

20171230-_5000411.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/4.5 1/1600sec ISO-400

20171230-_5000419.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/4.5 1/1600sec ISO-400

20171230-_5000420.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/4.5 1/1600sec ISO-400

10m切った場所でホバってましたww
あービックリした!!
少し探してからAF戻して撮影だったので、かなり長い時間のホバだった様です。

20171230-_5000424.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/4.5 1/1600sec ISO-100

ホバからのダイブはなく、少し奥に降りました。

20171230-_5000457.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/7.1 1/50sec ISO-100

今度は結構高い枝に上がりました。

20171230-_5000489.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/4.5 1/1600sec ISO-640

長げぇっス!! 15分待たされてダイブしました。
もう待ってらんないので、離水は撮れませんww

20171230-_5000532.jpg
▲D500+AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR f/5.6 1/1600sec ISO-100


お昼過ぎには上流側へ移動されて、そのまま場外へ消え戻って来なかったので終了としました。
この下流フィールドでは、お昼には日陰になってしまうので、撮影時間はそれまでとなります。

以前は朝は下流で撮影して、昼ごろから絶景ゾーンなんて流れもありました。
一度絶景ゾーンの朝の光とローアングルを知ると、ココから足が遠のいてしまったのですがね^^;

絶景ゾーンがダメだから思い出して来てみましたが、お魚さえ居れば結構遊んでくれそうな個体でした。
あと、絶景ゾーンも含めてココは光に満ち溢れてるエリアなので、朝はココでもエグいの撮れまっせ(笑)。

あの枝の上での長い長い待ち時間が気になるけど、ちょっと通うかな…。


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。