モモ Net Studio パパも一緒

カワセミ・ハヤブサの動体撮影を中心に拘り、日々模索中…

SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryでカワセミ

20170903-_I8I0002.jpg
1DXmarkII+SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary f/7.1 1/125sec ISO-400


いつ買ったんだか忘れましたが、持ってました(笑)。
EOS M5に着けて使ったのが最初ですが、使用は僕ではありません。

本来の目的は三脚不可になったチョウゲンボウを来年撮影するために購入。
その写りが知りたくてカワセミで投入してみましたが…。

純正に比べかなり明るめに写ったので、露出設定に最初は難儀。
色味も浅めでクール気味に写り、現像もチョット考える…。

まぁ、見てみましょう。


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ

20170903-_I8I0021.jpg
1DXmarkII+SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary f/6.3 1/500sec ISO-1250

20170903-_I8I0022.jpg
1DXmarkII+SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary f/6.3 1/500sec ISO-1250

20170903-_I8I0033.jpg
1DXmarkII+SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary f/6.3 1/500sec ISO-1250

いきなりド逆光のダイブww
ココは仕方ないんです。朝日は真正面から登ってくるので…^^;

光が順光気味になるのは10時付近なので、それまではこのレンズの素性はお預け。

20170903-_I8I0140.jpg
1DXmarkII+SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary f/6.3 1/1250sec ISO-640

10時です。
テレ端600mm解放の描写です。
まぁ、甘いですが一昔前のズームレンズの認識は改めなくていけないかもですね。
と言うのは、ピント調整をしっかり行っていないでの撮影です。

20170903-_I8I0162.jpg
1DXmarkII+SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary f/6.3 1/1250sec ISO-640

20170903-_I8I0166.jpg
1DXmarkII+SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary f/6.3 1/1250sec ISO-640

飛沫のハイライト部を見れば、滲みが見て取れますが、こんなもんでしょう。

20170903-_I8I0175.jpg
▲1DXmarkII+SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary f/6.3 1/1000sec ISO-800

20170903-_I8I0180.jpg
▲1DXmarkII+SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary f/6.3 1/1000sec ISO-800

それより驚いたのはAFが速い!!
USBドックも買いましたが、速度については弄ってないので標準スピードです。
カメラにもよるんだろうけど…。

20170903-_I8I0239.jpg
▲1DXmarkII+SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary f/7.1 1/1250sec ISO-1000

20170903-_I8I0241.jpg
▲1DXmarkII+SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary f/7.1 1/1250sec ISO-1000

20170903-_I8I0210.jpg
▲1DXmarkII+SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary f/7.1 1/1250sec ISO-1000

なぜ留まりモノなのに、この露出なのか…謎ですがww

20170903-_I8I0242.jpg
▲1DXmarkII+SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary f/7.1 1/1250sec ISO-800

このメスちゃん、離水方向が毎回この向きなので、B面しか撮れません(涙)。

20170903-_I8I0317.jpg
▲1DXmarkII+SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary f/7.1 1/1600sec ISO-800

20170903-_I8I0287.jpg
▲1DXmarkII+SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary f/7.1 1/1250sec ISO-800

20170903-_I8I0321.jpg
▲1DXmarkII+SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary f/7.1 1/1600sec ISO-800

20170903-_I8I0324.jpg
▲1DXmarkII+SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary f/7.1 1/1600sec ISO-800

いや、だから何故この露出www

20170903-_I8I0352.jpg
▲1DXmarkII+SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary f/7.1 1/1600sec ISO-800

20170903-_I8I0335.jpg
▲1DXmarkII+SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary f/7.1 1/1600sec ISO-800

20170903-_I8I0354.jpg
▲1DXmarkII+SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary f/7.1 1/1600sec ISO-800

20170903-_I8I0356.jpg
▲1DXmarkII+SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary f/7.1 1/1600sec ISO-800

少し絞ってみましたが、やや改善でしょうか?

20170903-_I8I0359.jpg
▲1DXmarkII+SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary f/7.1 1/1600sec ISO-800


ダイブはB面ばかりでダメだな( ̄◇ ̄;)

・描写に関してはズームレンズの割には見れる。
・AFも意外と速い。

・テレ端解放F値が暗いので、当然ファインダーも暗い。
・MFリングが手前過ぎて、正直使えない。
・OS(IS)は効きが弱くて手持ちは不安。
・ハイライト部の描写は滲みが出やすい。
・純正に比べ全体的に色が浅くて露出オーバー気味に見えやすく慣れるまで大変。(カメラやボディメーカーにもよるかも)

但し、今まで使って来た328・428・54・64等と比べての話であって、ズームレンズとしてはかなり優秀だと思います。
また今回はレンズだけでなく、雲台はマンフロット502と三脚はジッツオ4型5段と軽装ですww
細く華奢なレンズを掴み、動きの違う雲台で違和感たっぷりで動体撮影を行いました。
結果、上手く追えなくて微妙にブレ画像連発で、良いサンプルは取れませんでしたが、経験上で分かりますかね。

しっかりAF微調整を行い、大気の澄んだ状態なら結構奮闘するレンズかもです。
来年のチョウゲンボウ撮影が少し楽しみになりました。

しかし、今はニコン機…(爆)。
マウント変更しなくては使えないww
2万5千円ぐらい掛かるんだっけか?


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

だっく says...""
こんばんは。
このレンズ、前々から気になっては居たんですが・・・
純正より格安とは言え、お遊びで買えるほど安くもなく・・・
ということで、未だに手元にありません。
追い込めばそれなりに良くなるとのことですが、追い込めない人にとっては・・・(^^;)

で、久々のコメント解禁ですね、何かあったのでしょうかね。
2017.09.29 18:18 | URL | #USldnCAg [edit]
モずパパ says..."だっくさんへ"
こんばんは。
コメント欄はうっかりですww

追い込みはメーカにカメラと一緒に丸投げすればよろしいかと(笑)。
必要な焦点距離をいくつか伝えておけば良いかと思います。
USBドックも一緒に買いましたが、面倒くさいですww
と、言いながら全く弄ってないまま使ってますよ^^;

ズームはズームですが、これだけ写れば良いのではないでしょうか?
お気楽撮影用でですねwww
2017.09.29 19:07 | URL | #MMIYU.WA [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。