モモ Net Studio パパも一緒

カワセミ・ハヤブサの動体撮影を中心に拘り、日々模索中…

ハヤブサ×ヒヨドリ×青空

20161103-_I8I0535.jpg
1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/5.6 1/1250sec ISO-100


ジョニ男『海を見ろよ!! 嫌な事全て忘れて自分がちっぽけだって事に気づくぜっ!!』
いや、全く関係無いっすww

季節モノを寝かせると新鮮味が全く無くなるのが問題ですが、仕方ない…。
基本、タイムリーな掲載を嫌うので…^^;

ハヤブサ撮影の醍醐味の一つとして空中餌渡しなんてモノがありますが、
夏の終わりから秋口まではアオバトの狩りなんてモノもあります。
しかし、今期はアオバト飛来地にハヤブサは殆ど来なく撮影には行けませんでした。

アオバトシーズンが終わると、ヒヨドリの渡りの狩りなんてモノがあるそうです。
何度か行ったんですが、毎回ある事でもなく上手くその日に当たらなかったんですね。
シーズンも終わったか? と思った時期にやって来ました。
ヒヨドリ渡り狩りのラストチャンスが…


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ

20161103-_I8I0047.jpg
1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/6.3 1/1250sec ISO-800

毎回恒例、個体確認です。
いつもの様に西の崖にメス発見!!
朝6時半にして、このSSとは贅沢な晴天日です。

20161103-_I8I0056.jpg
1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/7.1 1/160sec ISO-160

いつもなら東の崖に居るオスだったので探したわ。
メスの上に居ました。相変わらずのワル顔ですww

20161103-_I8I0061.jpg
1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/7.1 1/1600sec ISO-640

どちらかが飛ぶのを待ってたんですが、最初に飛び出したのはミサゴン。

20161103-_I8I0097.jpg
1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/7.1 1/1600sec ISO-640

西の崖の奥に良く見かけます。
ハヤブサとミサゴンはお互い干渉しないようで、近くに居てもハヤブサが攻撃する事はありません。
それに引き換え、トビの可哀想な事ったら…^^;

20161103-_I8I0103.jpg
1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/7.1 1/1600sec ISO-640

ある枝を台所兼休憩所としている様です。

20161103-_I8I0145.jpg
1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/6.3 1/1250sec ISO-640

1時間後、もう一度飛びましたが体型変わってね?

20161103-_I8I0147.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/6.3 1/1600sec ISO-640

8時前、やっとオスが飛んで行きました。
朝一から動かないから焦ったわ…

20161103-_I8I0199.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/5.6 1/1000sec ISO-1250

既に9時前、メスが台所でお食事中。
お持ち帰り写真が無いのは気がつくのが遅れ、後追いだったからww
先ずは台所でお食事中なので、食後の飛び出しに注力したいと思います。

20161103-_I8I0201.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/5.6 1/1000sec ISO-1250

メスが食事中だと必ず寄ってくるのなっ!!

20161103-_I8I0211.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/5.6 1/1000sec ISO-1250

メチャ凛々しい顔してますが、メスの食事風景を羨ましそうに見てるだけですからww

20161103-_I8I0216.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/5.6 1/1000sec ISO-1250

とかやってたらメス飛び出した^^;

20161103-_I8I0220.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/5.6 1/1000sec ISO-1250

20161103-_I8I0222.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/5.6 1/1000sec ISO-1250

20161103-_I8I0223.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/5.6 1/1000sec ISO-1250

この角度からなら追従は楽か?
真正面は本当ムズイわ!!

20161103-_I8I0227.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/5.6 1/1250sec ISO-800

背景が離れる頃には顔が見えん!!
崖沿いに旋回してしまうので仕方ないです。

さて、ココで露出が変わってますが…事前に日陰用と日向用とを設定を仕込んであります。
ファインダーで見ながら撮影中にワンプッシュで切り替えてます。
但し、切り替える瞬間はシャッターボタンは押せないので、親指AFで追従だけは続ける感じです。

20161103-_I8I0233.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/5.6 1/1000sec ISO-1250

1DX2になってダイナミックレンジが劇的に広がったので、後から現像で処理も出来るのですが、
勝手に手が動いてしまいますww

20161103-_I8I0272.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/6.3 1/1600sec ISO-400

食事を終え、1時間もしない内にまたメスが飛び出しました。

20161103-_I8I0286.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/6.3 1/1600sec ISO-400

雲ひとつ無い濃い青空です♪

20161103-_I8I0287.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/6.3 1/1600sec ISO-400

20161103-_I8I0309.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/6.3 1/1600sec ISO-400

メスがブンブン飛び回ってますが、同時にオスも飛んでます。

20161103-_I8I0320.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/6.3 1/1600sec ISO-400

遠くからオスがブッ飛んで来たので、撮ってみると何か持ってますね。
良く見るとメジロをお持ち帰りの様です。
獲物が小さいせいか、2・3分で平らげてましたが…(汗)。

20161103-_I8I0336.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/6.3 1/1600sec ISO-400

オスの通過後、メスを探してみると既に捕獲していて空中で〆に掛かってました。
何を採ったのかは、その前の動きで分かりましたが…

20161103-_I8I0342.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/6.3 1/1600sec ISO-400

ヒヨドリの群れです。
そう秋にはヒヨドリの渡りがあり、雨が降った翌日の晴れに確立が高くなるそうです。
そんな日を狙って通ってましたが、空振り続きだったんですねぇ。

しかし、チャンス到来と言ってもイメージとかけ離れていました。
海上を渡るのが普通かと思いきや、陸地を渡ってましたww
陸方向だと見える範囲が狭く、ハヤブサが突撃するのは見えるんですが、肝心の狩りが見えん!!

20161103-_I8I0347.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/6.3 1/1600sec ISO-400

ヒヨドリ抱えて帰って来ました。

20161103-_I8I0366.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/6.3 1/1600sec ISO-400

上空旋回から先ほどの台所に行くもんだと思ってましたが…

20161103-_I8I0395.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/7.1 1/160sec ISO-200

東の高枝に直行( ;´・ω・`)
コレではその後の飛び出しが撮れん…。
いや撮れるんだけど、欲しい絵にならないので撮らないんです。

20161103-_I8I0429.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/6.3 1/1600sec ISO-400

約1時間後、オスがヒヨドリ持参→東の高枝直行。
先ほどのメスのヒヨドリ抱えてる写真と今回のオスの写真で、
ヒヨドリとハヤブサの大きさを見るとメスの方がオスより体が大きいのが分かりますね。

20161103-_I8I0450.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/5.6 1/1250sec ISO-1000

そのヒヨドリ食事中にメスは隣の枝で欲しそうに鳴いてます。
いつもと逆ですねぇ、普段はメスが後でオスに残してあげてましたが、このパターンだとどうなったのか?

20161103-_I8I0479.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/5.6 1/1250sec ISO-1250

オスの両足に残骸がありますが…なぜ食事中にオスが飛んでいるのか?

20161103-_I8I0481.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/5.6 1/1250sec ISO-1250

オスが食事中にメスは我慢出来なくなったのか、食事中のオスに襲い掛かるww
ビックリしたオスは餌を落として逃げてしまったんですねぇ。
体が大きいメスには敵わないようです^^;

20161103-_I8I0519.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM+EXTENDER EF1.4X III f/6.3 1/1600sec ISO-400


オスから奪い取れなかったメスが直ぐに飛ぶと思ったのですが、双方休憩になってしまいました。
午後2時まで待ったのですが、帰宅時間になってしまったので、ココで終了。
機材を仕舞ってる間にペアで飛んで行きましたが、直ぐに高枝に戻った様です。

一度だけ海上を飛ぶヒヨドリの群れを見ました。
チャンスと思いきや、双方食事中で無理ww
殆どの群れが内陸を渡っていたので、狙いの狩りが撮れなかった(涙)。
来年以降の楽しみとしておきましょう。

天気も良く、濃い青空で気持ち良かったのですが、飛び出しチャンスは一度きりでした。
獲物が軽いせいか、台所に行く事なく高枝直行でそこで完食してしまうパターンでガッカリ。

こうなると、好物の鳩の方が撮影チャンスは沢山ありますねぇ( ;´・ω・`)
ヒヨドリだらけでも鳩は別腹、しかしこの日は鳩が飛んでるのさえ見なかった…。

なんとも中途半端な感じでもありましたが、気分は良かったんですよ。
天候のせいかなぁ…^^


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

モモンガねこ says..."こんばんは"
ひよにメジロ。
カワセミも食すくらいだからなんでもオッケーなのでしょうか。
獲物が小さくて何回も狩りしてくれれば面白いですね。
台所に居る時は目が離せません。

それにしてもいい天気ですね~。
波の音聞きながらぼーっとしててもいいかも。
2016.12.06 20:33 | URL | #- [edit]
toshibeh says...""
こんばんは!
ヒヨドリの群れに突撃。肝心の部分が見えなかったのは凄く残念ですね!
来年はきっとものにするんでしょうね。どんな画になるのか凄く楽しみです。
2016.12.06 22:34 | URL | #rMWp.W2A [edit]
長州の熊 says..."こんばんは!"
トビとミサゴン、大きさ等もそんな変わりは無いように見えるのですが、こちらでもカモメの群れが、ミサゴンが来たら大慌てで逃げ惑うのですが、トビだとまったく動じず、どこでどう見分けてるのか・・・・だいたい、ミサゴンはカモメは襲わないのですけどね。

しかし、ハヤブサもここまで撮れたら面白いでしょうね。私の中で、このサイズの猛禽さんの飛翔は、特に飛び出しからは難易度マックスな印象です。
ましてや、狩りの瞬間なんて・・・でも、見てみたいですね!

青空の中のハヤブサも絵になりますね。顔は目が大きくて可愛らしいのに・・・どうか、カワセミやヤマセミは襲わないでいてほしいものです。
2016.12.07 00:25 | URL | #FXbBe/Mw [edit]
モずパパ says..."モモンガねこさんへ"
こんにちは。
ヒヨの渡る時期に狩りを期待して通ってましたが、不発で終わっちゃいました^^;
狩り後の行動が鳩とは全く違って参りましたが、爽やかな秋晴れに海から来る南風に癒されました。
今では台所チャンスだけですが、前のメスが居た時には様々な場面で正面飛翔チャンスがありました。
子育てシーズンになればまた変わってくるでしょう…。
2016.12.08 11:48 | URL | #MMIYU.WA [edit]
モずパパ says..."toshibehさんへ"
こんにちは。
ヒヨちゃんへの突撃は海上がメインなんで、撮影して遠いんです。
動画で撮るのが一番かも知れません。
証拠写真と海上から戻って来る正面系を撮りたかったんですねぇ^^;
来年も行くと思いますが、この鳥さんも待ちが基本で根気も運も必要ですよ。
2016.12.08 11:51 | URL | #MMIYU.WA [edit]
モずパパ says..."長州の熊さんへ"
こんにちは。
こちらでミサゴンが飛んでる時はウミネコやユリカモメはパニックなっていなかった様な…。
陸地で鴨達はツツドリなんかが飛ぶと一斉に集まってパニックになってます。
微妙に区別がつかない時もあるようですねぇ。

飛び出しから難易度MAXが面白いようです。
飛び出しから足格納までが難しくて、足格納時から撮影となると更に無理ゲーで悩ましいです^^;
いや、飛翔チャンスも少なく一瞬で終わる…この難しさが本当面白い!!
2016.12.08 11:56 | URL | #MMIYU.WA [edit]
tubefisher says...""
こんばんは

狩は残念だったけど、正面もしっかり押さえてさすが何か残しますね。

イメージを持ちつつも飛び立つと無駄打ちの繰り返しの私です。。。
じっと我慢が必要ですね。

16枚目からの崖沿い背中は自分的には好きですね。飛行機っぽくて。
オスの凛々しい顔は。。。爆です。
2016.12.09 22:03 | URL | #- [edit]
モずパパ says..."tubefisherさんへ"
こんばんは。
コメント見落としてたww
すいません(汗)

行ったからには何かと奮起しますが、キワドイですww
それだけタイミングも含め難しいのでしょう…^^;
正面から崖沿いに旋回して行くので、ちょっとズレるとAFが追いつかなくなります。
背景の離れた正面飛翔はいつになるのやら…(涙)。
2016.12.17 21:14 | URL | #MMIYU.WA [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。