モモ Net Studio パパも一緒

カワセミ・ハヤブサの動体撮影を中心に拘り、日々模索中…

チャンスは少ないデビルマン!!

20161011-_I8I0063.jpg
1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/7.1 1/15sec ISO-800


デビルマン…彼の縄張りは広い……来なくなるとトコトン来ません。
二つ前の個体がそうでした。
ワンダイブで大物採って3時間待ちはザラww
そのダイブの撮影が失敗すると考えただけでも恐ろしいです^^;

前期のカワセミくんはやはり特別だったのでしょうね。
待ち時間ナシ、留まりモノ・ダイブ・ホバ…何を撮っても近い撮影でした。
今回の子は高い所には殆ど上がらないので、絶景ゾーンでの豪快なダイブは見た事がありません。

今回は2回目の出撃でしたが、相変わらずの曇天日ww
どんより暗い画像のオンパレードですよ^^;


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ

20161011-_I8I0127.jpg
1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/7.1 1/60sec ISO-800

朝6時スタートでSS1/15とかの留まりモノを撮ってから一時間後、初かな?一番手前の高台へ来たのは。
撮影位置から最短の場所だと8mになります。
以前のカワセミくんお得意の高角度ダイブで難易度Sのポイントです。

この子は如何に?

20161011-_I8I0134.jpg
1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/250sec ISO-1600

(笑)…何が起こったのか???
着水位置はカメラから目を離して肉眼で見ちゃいましたww
三脚設置した前、4mの場所に水たまりがあったんですよ!!
そこにフワフワと飛んで来てお魚持っていきました(爆)。

最初は8mのトコまでMFで追ってたんですが、回し戻しても回しきれなくなったので目視www
最短位置へのダイブ記録更新ですかね^^;

20161011-_I8I0142.jpg
1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/7.1 1/125sec ISO-320

ロクヨンの最短撮影距離が4.5mですから限界がこの位の写りです。
限界以内に来たので無理ゲーですね^^;

20161011-_I8I0253.jpg
1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/7.1 1/125sec ISO-125

3時間待ちましたw
また同じ高台ですね( ̄◇ ̄;)

20161011-_I8I0282.jpg
1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/1600sec ISO-800

直近10m付近へのダイブで撮影は失敗!!
ココの場所は特別にリハビリが必要ですわw

20161011-_I8I0283.jpg
1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/1600sec ISO-800

20161011-_I8I0285.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/1600sec ISO-800

ちょっと危険なサイズですかね?
その後、ダメゾーンで活動して撮影チャンス無しです(涙)。

20161011-_I8I0328.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/4 1/1250sec ISO-1000

20161011-_I8I0331.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/4 1/1250sec ISO-1000

2時間後、高台の奥で見えない場所から直角ダイブ!!
せっかく追えたのにB面で残念。

20161011-_I8I0346.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/4 1/1250sec ISO-800

AF設定もハズレでピントも不安定、肝心な飛び着きはピンボケww
でもって着枝後は水浴びかと思うような飛び込みを…

20161011-_I8I0361.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/4 1/1250sec ISO-800

違ったケド、キモい魚の予感…(汗)。

20161011-_I8I0363.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/4 1/1250sec ISO-500

20161011-_I8I0364.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/4 1/1250sec ISO-400

巻き付く系キターッ!!

20161011-_I8I0368.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/4 1/1250sec ISO-1000

残念なB面だけど、放射線状に散る飛沫がイイ感じ♪

20161011-_I8I0371.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/4 1/1250sec ISO-1000

20161011-_I8I0373.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/4 1/1250sec ISO-1250

圧縮効果でどっちが手前だか分かんなくなりそう。

20161011-_I8I0380.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/4 1/1250sec ISO-1000

キモい魚…(((((;ω;)

20161011-_I8I0386.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/7.1 1/160sec ISO-320

ココでハッと思い出しました。
ネバネバ系キモい魚を食べた後は水浴び祭りでは?

20161011-_I8I0390.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/4 1/1250sec ISO-1000

やはり…

20161011-_I8I0402.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/4 1/1250sec ISO-800

20161011-_I8I0407.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/4 1/1250sec ISO-640

20161011-_I8I0411.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/4 1/1250sec ISO-1250

コッテリ描写になった1DX2も曇天で靄っていないと強烈ですね^^;

20161011-_I8I0438.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/4 1/1250sec ISO-1000

どんなにAF設定を変えても手前の枝に引っ張られるので、肝心な飛びつき時に枝にピントが行ってしまう。
反応を遅くすれば今度はAF返って来ないし…初代1DXのAFは鳥撮りさんにはベストだったようです。

20161011-_I8I0451.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/4 1/1250sec ISO-1000

20161011-_I8I0453.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/4 1/1250sec ISO-1000

20161011-_I8I0464.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/4 1/1250sec ISO-500

20161011-_I8I0465.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/4 1/1250sec ISO-400

20161011-_I8I0469.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/4 1/1250sec ISO-1000

カワセミの水浴びは尾羽を丸めて離水しますが、この子はしないのな!!

20161011-_I8I0487.jpg
▲1DXmarkII+EF600mm F4L IS II USM f/4 1/1250sec ISO-640


枝が太いのと撮影位置が悪かったため、極端に枝にAFが張り付いたと思います。
撮り終わってから立ち位置をもう少し考えておけば良かったと反省^^;

絶景ゾーンでのチャンスが少ない個体なので、肝心なダイブがB面続きでモヤモヤしていた最後に水浴びチャンス到来。
粘ってヨカッタの日でした^^

天気が晴れであればAFもイイのかなとも思ったけど、今度は水面反射がキツくなるから同じかな?
1DX2の設定を色々と試したいのですが、撮影チャンスが少なすぎです(涙)。
日を重ねる毎に悪くなるので、未だに設定が決定しません。
年内に完成するのか?(笑)


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

だっく says...""
お久しぶりです。(といってもブログはいつも拝見していますよ~)。
キモいお魚って・・・シマドジョウじゃありませんか!
翡翠、コレ大好きみたいですよ。栄養価高いし腹持ちいいし(^^;)
ま、見た目はお魚の方がいいんですけどね~。
2016.11.02 18:37 | URL | #USldnCAg [edit]
モモンガねこ says..."こんばんは"
堰の手前はなしでしょう。
よほど食べたい獲物が居たんですかね。
でも、その人馴れはまだ期待させてくれます。

水浴びでもやってくれるだけいい日だったんでしょうか。

しかし、この子は口開けてダイビングするんですね〜。
浅いからか・・・
2016.11.03 21:12 | URL | #- [edit]
モずパパ says..."だっくさんへ"
こんばんは。
お久し振りです。
そうなんですよ!! 腹持ちイイのが大問題です(涙)。
この時期は暫くこの種が続くので待ちが多いです。
肝心の主役も変わり、パフォーマンスも悪いし…。
2016.11.03 21:22 | URL | #MMIYU.WA [edit]
モずパパ says..."モモンガねこさんへ"
こんばんは。
丁度目の前に1・2cmの深さで1mぐらいの大きさの水溜りが残っていて、そこにですww
まさか魚が居るとも思わなかったので、ノーマークでしたww
マークしても撮れる訳もないですが…^^;

水浴び時に着水寸前は口開けてる個体が多いですよ。
理由は知りません…うがいか?(爆)
2016.11.03 21:26 | URL | #MMIYU.WA [edit]
長州の熊 says..."こんばんは!"
カワセミの為の演出が整った舞台のような雰囲気は健在ですが、肝心の主役のパフォーマンスに難があるのは問題ですね。

とはいうものの、これだけ魅せてくれれば良いような気もします。
良い主役になってくれることを祈ってます。

去年の絶景シリーズの中にあった、黒バックを観て以来、飛沫の写り方も気になるようになりました。が・・・カワセミ・・・こちらはフィールド自体が消滅してしまいそうです・・・・。
2016.11.03 21:31 | URL | #FXbBe/Mw [edit]
モずパパ says..."長州の熊さんへ"
こんばんは。
最小限の舞台で最大限にこのフィールド特性を活かせるように努めております。
が、肝心の主役が…(涙)。
いつかを夢見て通うしかない現状です^^;

>こちらはフィールド自体が消滅してしまいそうです
環境に逞しく馴染むカワセミですから、同じ場所でなくとも活躍する場所が見つかると思います。
根気よく探すか、なんか別のタイミングで見つかると思いますよ^^
2016.11.04 18:46 | URL | #MMIYU.WA [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。