モモ Net Studio パパも一緒

カワセミの動態撮影を中心に拘り、日々模索中…

朝は二桁ホバ♪

20151229-_S5P0105.jpg
1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/125sec ISO-200


朝8時半ごろの光…奥にだけ朝陽が届いてる状況です。
この不思議なカラーバランスの留まりモノが撮れれば撮影終了でもイイかも(笑)。

まぁ、来たからにはそうも行かずですよね。
前回カワセミ掲載の次の日になります。
前日もまずまずのパフォーマンスでしたので、この日も期待してる訳ですが…。


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

20151229-_S5P0025.jpg
1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/25sec ISO-800

20151229-_S5P0029.jpg
1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/25sec ISO-800

似て非なる2コマw
早朝はホバが多いですが、流石に暗すぎですねぇ^^;

ソフトに機材を押さえ込み、ソフトタッチでシャーターボタンを押すw
もちろん、カワセミくんホバが上手いので成功出来る訳です。

20151229-_S5P0037.jpg
1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/30sec ISO-800

どこ撮っても、この程度のSSですから…

20151229-_S5P0044.jpg
1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/40sec ISO-800

何度ホバしてもこんな感じでしか撮れませんw
ISO感度上げればイイだけの事ですが、ISO上げますか?
いえいえ、下げたいぐらいですww

20151229-_S5P0073.jpg
1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/125sec ISO-800

8時も回れば少し光が入りだすので、カワセミくんも少し色づき始めました。

20151229-_S5P0075.jpg
1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/125sec ISO-800

20151229-_S5P0081.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/160sec ISO-800

20151229-_S5P0088.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/160sec ISO-800

20151229-_S5P0090.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/160sec ISO-800

たいした背景でもないのに、無駄に多いコマ数ww
この位のSSで撮る事が多く、これ以上速いSSだと固く見えるようになってしまった( ̄◇ ̄;)

20151229-_S5P0110.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/125sec ISO-125

徐々に光が強くなって来て、色飽和と白飛びが目立ち始めましたね。

20151229-_S5P0113.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/125sec ISO-200

真昼間の白飛びや完全に露出ミスしてスッ飛んだのは除外して、
朝夕のコントラストから来る白飛びや色飽和は嫌いじゃありません。
逆にこの時間でないと撮れない事でもあるので、味として加味して見てます。

20151229-_S5P0125.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/1250sec ISO-1600

ホバはイイけど、離水が全部B面で使えないんですが…(涙)。

20151229-_S5P0148.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/1250sec ISO-1250

完全東側であれば横向きですが、背景がイカンのでどうしようもないですね。
背景抜ける東側に立っても良かったんですが、今度はホバの向きに難が出る事でしょう^^;

20151229-_S5P0161.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/125sec ISO-160

20151229-_S5P0162.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/160sec ISO-200

更に光が強くなり劇画みたくなって来ましたwww

20151229-_S5P0172.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/1250sec ISO-1600

20151229-_S5P0173.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/1250sec ISO-1600

正面に飛び込まれても結局はB面だもんだぁー。

20151229-_S5P0177.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/1250sec ISO-1600

背景とカワセミくんの飛び込む場所を考えると、精々この角度が限界のようです。

20151229-_S5P0187.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/500sec ISO-100

突然2時間近く空きますw
理由はカワセミくんを見ればお分りでしょうか? 強い風ですね^^;

20151229-_S5P0204.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/1600sec ISO-400

20151229-_S5P0205.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/1600sec ISO-400

強風が苦手なカワセミくん、なんとかジャンプアップダイブで捕食していますが、AFが抜けまくりですw
波打って反射する水面がイケマセン(涙)。

20151229-_S5P0207.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/500sec ISO-100

この首の伸び具合からジャンプアップ。

20151229-_S5P0222.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/1600sec ISO-400

この辺でしかAF来ねぇ〜 (´;ω;`)

20151229-_S5P0227.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/500sec ISO-100

20151229-_S5P0228.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/500sec ISO-100

お魚が遠ざかったのか瞬ホバも混ざり始めました。

20151229-_S5P0232.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/1600sec ISO-320

AF来ないながらもファインダー内では理解していたんですよ…。
正面に飛んで来るから、離水が全部B面だったんですw

20151229-_S5P0248.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/250sec ISO-100

20151229-_S5P0251.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/200sec ISO-100

20151229-_S5P0256.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/200sec ISO-100

風が強いので水平ホバになります。
コレは仕方ない…風嫌いなカワセミくんにしては頑張ってくれました。
ですが、この角度の顔のホバが一番嫌いなんです(涙)。

20151229-_S5P0269.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/1600sec ISO-1600

離水向きも水面反射率も申し分なかったのに遅れる失態!!

20151229-_S5P0281.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/1600sec ISO-320

20151229-_S5P0282.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/1600sec ISO-250

20151229-_S5P0284.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/1600sec ISO-320

もう今日はここでしかまともに撮れないな…。
しかも無駄に高画質ww

20151229-_S5P0287.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/500sec ISO-100

20151229-_S5P0296.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/1600sec ISO-500

離水に関しては『う〜ん』って感じのまま午前中が終わる…。

20151229-_S5P0328.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/320sec ISO-160

午後1時過ぎ…予想外にも風が止み出したので活動再開。

20151229-_S5P0332.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/1600sec ISO-1250

20151229-_S5P0333.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/1600sec ISO-1000

20151229-_S5P0334.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/1600sec ISO-500

さっき迄と同じポイントで飛び込んでくれればいいのに、東端から西端まで長距離ダイブでカオクロカワセミ(涙)。
しかも、やや大振りなためカワセミくん休憩モード突入です。

20151229-_S5P0340.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/6.3 1/320sec ISO-250


午後3時…完全に西日であるw
この方角に飛び込んで石に戻ればOK!!

しかし、また魚群位置が変わったのか…後ろ方向へのダイブ!!
離水から石戻りは全てカオグロカワセミだった(;n;)
結果、掲載は割愛です(最近、このパターン多いなw)

早朝から次第に強まる風の中、風嫌いのカワセミくんの割には頑張った!!
最後までイイ離水シーンにはありつけなかったけど、朝に綺麗な留まりモノ撮れたからイイか♪

年末在庫終了まであと一回(笑)。



↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

長州の熊 says..."こんにちは!"
寒い時期は、小魚の群れの位置で行動パターンがコロッコロ変わるので大変ですね。

しかし、二桁でのホバ、しかも二桁前半・・・。カワセミがブレなくてもこっちがブレてしまいそうです。

ホバからのダイブ、そして離水、これはこの一連の流れの中で、設定変更されながらの撮影なのでしょうか?そんなわけ・・・ないですよね???1Dxには、瞬時に露出を切り替えることの出来る魔法のスイッチでもついてるのかと思っておりましたが、そんなもの無かったですし・・・。それか、慣れたら出来るようになるものなのでしょうか??

朝イチ撮影は、よく動いてくれて楽しいのですが、刻一刻と変わる光線の様子に振り回されてしまいます。

そして、モずパパさんでも「カオグロカワセミ」になっちゃう事もあるんだ、と少し安心・・・黒さではイソクロカワセミが勝ってます!!
2016.02.19 16:25 | URL | #FXbBe/Mw [edit]
モモンガねこ says..."こんばんは"
SS1/25でよくチャレンジしましたね〜。
おしりがこうなるんだ。
絵に書いたみたいで面白いですね。
水平ホバも久しぶりに見ました。
風の強さが分かります。
2016.02.19 18:54 | URL | #- [edit]
モずパパ says..."長州の熊さんへ"
こんばんは。
コロコロ変わるどころか全く居なくなりましたwww

>魔法のスイッチ…
ふふっ、ありますよ♪
マニュアルだけ見てると気づきづらいんです。
操作ボタンカスタマイズ→AEロックボタン(*マーク)→撮影機能の登録と呼出にセットしてください。
僕はAF-ONボタンに飛びモノ設定、AEロックボタン(*マーク)にホバ設定を割り当てています。
*ボタン押している間だけその露出設定で撮影出来るので、ボバ終了で隣のAF-ONボタンを押せば離水が撮れる訳です。

イソクロカワセミは居ますが、全く撮影対象になりません(笑)。
カオグロカワセミになる時間帯になると、撤収の合図ですね^^;
2016.02.19 20:29 | URL | #MMIYU.WA [edit]
モずパパ says..."モモンガねこさんへ"
こんばんは。
このカワセミくんだからこそ信頼してって感じですかね。
流石に1/13とかは全滅でしたがwww
早朝はやってくれれば何度でもトライしますが、ロング系でないと歩留まり・選定に問題がありますが^^;
2016.02.19 20:38 | URL | #MMIYU.WA [edit]
tubefisher says..."真骨頂"
こんばんは

ss:1/25 恐れ入りました~
どうやったら撮れるのでしょうか?

今の所私の限界は1/60 歩留まり2%。。。

今度レリーズで撮ります。
2016.02.19 22:37 | URL | #- [edit]
モずパパ says..."tubefisherさんへ"
こんばんは。
ですから、『ソフトに機材を押さえ込み、ソフトタッチ…』と…(笑)。
歩留まりは確かに悪いですよ、だから……ソフト…www
レリーズww 飛び込みも!?
2016.02.19 22:49 | URL | #MMIYU.WA [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。