モモ Net Studio パパも一緒

カワセミの動態撮影を中心に拘り、日々模索中…

カワセミちゃんで考える1DXのAF設定まとめ

20140831-_S5P0004.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/7.1 1/125sec ISO-400

今回も蓮カワエリア^^;
以前からブログ検索の内容で一番多かったのが、『1DXでカワセミAF設定』等のAF周りの検索が一番多いです。
2番目が何故か『GITZO GT4552TS』…5型と2本持っていますが、運搬に超便利なので遠征用にはベストでしょう。
但し、全高が低いので175cm位の方が平地で使う分には問題ないですが、傾斜面では高さが足りません。

前から数回ほど1DXのAF設定の話を載せて来たのですが、今回はまとめとして固定設定からの応用まで、
また今回は飛び出しから飛び付きが目的なので、AF追従のお話も…。
あくまで個人の手法や設定なので万人向けかどうかは知りませんよw
そうじゃないって話もあるかも知れませんが、これは各フィールド特性でも変わってきますからねぇ〜。

まあ、その辺の対応話も交えながらです^^
但し、通常の撮影記録でもあるのでいつものお話も混ざります(汗)。


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

20140831-_S5P0010.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/125sec ISO-250

写真記事として8月31日(日)の事…。
7時台から開始でしたが、この日の朝はカワセミさん不在で珍しく若オスくんが独占してます^^

20140831-_S5P0068.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/7.1 1/400sec ISO-100

慣れない個体と若いので動きが読めなく、全く動きモノが撮れません(涙)。
AF設定の話の前に追従能力の無さが露呈してしまうwww

20140831-_S5P0070.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1600sec ISO-200

(TωT)(TωT)(TωT)

20140831-_S5P0081.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1600sec ISO-400

20140831-_S5P0089.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1600sec ISO-160

動きが早くて追いきれませんな…

20140831-_S5P0135.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/125sec ISO-100

この若オスくんは飛び出す前のモーションが分かり辛い子みたいです。
良く見かけるのは首が数回ひょこひょこと上下に動いてから飛び出しパターンですが、若オス君は殆どこのモーション無しで飛び出しますね。

20140831-_S5P0136.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1250sec ISO-1600

となると、飛び出す瞬間に体中の羽根が『キュッ』と縮まるので、そこを見逃すともうダメです。
で、AF設定の前にAFの捉え方としてドコからAFで捕まえるのって話ですが…

20140831-_S5P0160.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/125sec ISO-640

僕の場合はカワセミが見えている状況では留っている状態からAFは効かせて待機です。
親指AF使用が基本でシャッターボタンは半押し待機です。
で、この時にカワセミの体にAFを合わせておくと飛び出した時に残ったシャワーヘッドにAFが引っ付くので、
カワセミの頭の端(背景との境目)かクチバシの付け根辺りが良いみたいです。

20140831-_S5P0175.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1250sec ISO-640

そうする事でシャワーヘッドへのAF喰い付きは回避出来ますが、
飛び出しと同時にシンクロ開始しないと背景へと爆速で抜けていきますね(笑)。

20140831-_S5P0176.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1250sec ISO-640

この背景抜けをですねAF設定で僅かに遅らせる事で危険度は減らせます。
但し直にフォローしないと同じ事ですが…。

20140831-_S5P0185.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1600sec ISO-1600

例えば、こういう抜けたらオシマイ的な背景が遠い時の追従には、以前はレンズ側の設定でサーチ駆動OFFでこなしてました。

20140831-_S5P0186.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1600sec ISO-1600

今はですね、サーチ駆動は常時ONです。
サーチ駆動OFFのメリットは被写体を捉えるのにレンズの駆動範囲が常に少なく、
被写体との距離が合っていれば俊速でAFが合い、抜けにくい特典があります。

デメリットは大幅に被写体が前後移動した時にレンズ駆動範囲外ではAFが全く動かなくなる事です。
MFで被写体付近まで持って行けばAFで捉え直すことは可能ですが、時すでに遅しが多いでしょう。

20140831-_S5P0192.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1600sec ISO-1000

サーチ駆動ONの状態だと前後移動も関係なくなりますが一旦外すとデフォーカス時間が長く、コレも撮れなくなります。
どちらも最初に中央で捉えないとアウトですが、前後範囲の縛りがないサーチ駆動ONの方が総合的にAFが来やすいでしょう。

20140831-_S5P0194.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1600sec ISO-1250

あっ、速度減退にシンクロがついて行かなんだ(涙)。
て言うか、てっきり飛び込みだと思って撮ってたんですケド…^^;

20140831-_S5P0195.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1600sec ISO-1000

20140831-_S5P0200.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1600sec ISO-1000

無事、着地〜。

ここでの飛び出し〜飛び付きですが、サーチ駆動ONはそれとして、
追従が途中で失敗したら爆速で背景に抜ける訳ではありません。

1DXのAF設定は『被写体追従特性』『速度変化に対する追従性』『測距点乗り移り特性』と3つの設定項目がありますね。
この3つをそのフィールド状況に合わせて微調整することで、環境の変化に対応できます。
この状況では3つ全てを反応が鈍い方に振っておくと吉です^^

20140831-_S5P0210.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1250sec ISO-500

あっ、若オスくん行っちゃいました〜。

20140831-_S5P0265.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/200sec ISO-100

お母さんの登場でしたか…若オスくんは3時間近く遊んでくれたので良しとしましょう♪

20140831-_S5P0294.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1600sec ISO-1000

このカワセミちゃんの場合はそこそこのお付き合いなので、行動パターンも分かっているので対処しやすいです^^
しかしこの後、陽が出だし順光でなくなったので対岸に移動です。
続きの話はそこから…

20140831-_S5P0391.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/160sec ISO-160

先ほどAFを効かせながら待機中、頭と背景の境目にAFを置くでしたが…
後頭部付近は背景に蓮の茎があるので引っ張られる可能性があります。
なので、クチバシの付け根付近で待機中です。

20140831-_S5P0398.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1600sec ISO-1600

横飛び出しではなく少し手前系になってしまいました(汗)。

20140831-_S5P0403.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1600sec ISO-640

20140831-_S5P0404.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1600sec ISO-1000

この場合はAF設定よりも中央で捉え続ける事の方が重要で、AF設定は僅かに反応を良い方に振っておくべきでしょう。

20140831-_S5P0407.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1600sec ISO-800

20140831-_S5P0410.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1600sec ISO-1600

結構、移動距離が長かったですが何とか追えました^^;
いや〜最後の『ブバッ』がやっぱいいなぁ〜。

20140831-_S5P0438.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1600sec ISO-640

20140831-_S5P0422.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1600sec ISO-400

また、この角度ですか…疲れるんですがw

20140831-_S5P0426.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1600sec ISO-800

20140831-_S5P0428.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1600sec ISO-500

ちょっと最後の減速時がシンクロが雑になってしまいましたが、陽が入った状態でのこちら側は綺麗に写る。
午後にこちら側から撮れる事が少なかったので知らんかったw

20140831-_S5P0438.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/5.6 1/500sec ISO-100

20140831-_S5P0443.jpg
▲1DX+EF600mm F4L IS II USM f/4.5 1/1600sec ISO-250


はい、ここで飛び込みと見せかけたV字飛行で終了。

で、肝心の『被写体追従特性』『速度変化に対する追従性』『測距点乗り移り特性』の設定内容ですが、
僕の場合は『被写体追従特性=0』『速度変化に対する追従性=+1』『測距点乗り移り特性=1』のケース6をデフォルトとして
◎AF抜けを防ぎたい時は『被写体追従特性』をマイナス方向に振り(-1、-2かはその時の周辺光量に応じます)、
『速度変化に対する追従性=0』『測距点乗り移り特性=0』とAFを敏感にしない事で対応できます。

◎逆に環境光と大気の状態が悪い時は完走撮影は困難になり、最初の1枚目もピンが甘くなりやすいので、
この時は『被写体追従特性』と『速度変化に対する追従性』はプラス側に振ることでAFの反応が機敏になり、初速が向上します。
但し、僅かなコントラストにも反応するのでリスクは高くなりますが、結果的にピンが来てるカットが多くなるみたいです。
それとAIサーボのレリーズですが、1枚目レリーズ優先・2枚目以降バランスで撮ってます。
全部レリーズで甘い没カット量産では意味がないので…^^;

測距点は1点 or 領域拡大(周辺)で、領域拡大を使う時は『測距点乗り移り特性』を鈍くすることで
周辺を僅かにサポートさせる使い方が変に引っ張られなくて良いです。

この設定を基に、飛び出しの瞬間から出来るだけ丁寧に中央で追従する事が前提になりますが、
AFのクセが分かれば環境変化にも対応が出来、満足度の高い撮影結果になりますね^^

もちろん、これは僕が1DXでカワセミを撮る上での設定微調整法ですので、これが正解でもないでしょう…。
使う人によってはこれじゃ撮れないからこうする!!って言えば、それも正解でしょうね。

今後続けて行く中で更に追い込める設定に気付くかも知れませんから、そういう追求が出来る多機能さが良いカメラですね。

カワセミの動態撮影をして撮れる(撮れた)事が面白いのであって、常に変化する環境に順応させないといけないと感じてます。
常に探究心をもって、機材の特徴とそれを活かせる設定も考えながら撮影技術も磨いていけたらと思っています。

何か書き忘れている気もするので、次回までに思い出したら追記します。



↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
関連記事
スポンサーサイト

14 Comments

ザッキー says..."こんばんは♪"
これまた基本的な事から丁寧に書いていただいて、大変勉強なりました。ありがとうございます。
2014.09.08 02:10 | URL | #.qOB8qO. [edit]
てく says...""
モずパパ様 おはようございます~

AF設定ありがとうございます。
参考にさせてもらいます♪

がしかし
> AF設定よりも中央で捉え続ける事の方が重要で、
つまりココなんですよね~
てくは鈍感だからモずパパさんみたいなシーンはなかなか撮れてないでしょ?(^^;

いつかがんばります(笑)
2014.09.08 07:20 | URL | #z8Ev11P6 [edit]
モずパパ says..."ザッキーさんへ"
こんばんは。
基本的…そうですねぇ、今更ここから載せるのも…とも思ったのですが、ついつい^^;
使用メーカーも違うので???な感じだったでしょうが、少しでもお役に立てれば^^
2014.09.08 19:10 | URL | #MMIYU.WA [edit]
モずパパ says..."てくさんへ"
こんばんは。
参考になりますか???

>てくは鈍感だからモずパパさんみたいなシーンはなかなか撮れてないでしょ?(^^;
またまたぁ〜w
あの暗そうな中で良く追従出来てるなと思ってますが^^
暗いと1DXのAFの信頼性は極端に低下するもので…(汗)。
2014.09.08 19:15 | URL | #MMIYU.WA [edit]
モモンガねこ says...""
机上の理論ではなく、実戦経験値なので説得力がありますね。設定はニコン使いにはわかりませんが、この爆速な動きを捉えるAFポテンシャルは凄いですね。
でもやっぱり中央で捉え続ける技量が凄いです。
2014.09.08 19:47 | URL | #- [edit]
だっく says...""
こんばんは
じっくり読ませていただきました!
なるほどっ!
と言いたいところなのですが・・・何が何だかサッパリ・・・バキッ!!☆/(x_x)
1DX固有の設定なのでしょうけれど、たぶんNikonにも通じるところがあるはずなんですよね。
でもD4Sの取説、全く読んでない私には・・・(^^;)

ま、要するにど真ん中で捉え続けりゃOK・・・ってことで・・・あはは(^^;)
2014.09.08 20:45 | URL | #USldnCAg [edit]
Chon World 2 says...""
こんばんは!!

なるほど~v-410
参考になります。
ケースも場合よっては変わるんでしょうかv-362
2014.09.08 21:01 | URL | #- [edit]
モずパパ says..."モモンガねこさんへ"
こんばんは。
まだ完璧とは行かないんですが、コツは掴めたかなってトコですかね。
状況変化に合わせた設定変更は1年使っていて、ようやく理解出来たみたいです^^;
中央は焦らず集中・集中!!
2014.09.08 21:12 | URL | #MMIYU.WA [edit]
モずパパ says..."だっくさんへ"
お帰りなさい。
ええ、サッパリだと思います(汗)。
実は1つ以外はニコンには通じてません。
最初はニコン機から増やして、この辺の設定が理解出来なくて全然撮れなくて悩みましたから^^;

あっ、ニコン機は僕も取説は全く読んでませんw
2014.09.08 21:17 | URL | #MMIYU.WA [edit]
モずパパ says..."Chon World 2さんへ"
こんばんは。
ケースで考えれば状況によって変更した方が良いです。
しかし、僕はケースで考えていなくて変更していったらデフォルトがたまたまケース6でしたww
背景の明るさや全体の光量・向き、撮影距離、大気の揺らぎ等、
考えたらキリがないのですが、その時々で適した設定で歩留まりが上がります。
いざ、実践!! って感じかなぁ〜。
2014.09.08 21:22 | URL | #MMIYU.WA [edit]
tubefisher says...""
こんばんは

良く分かりませんが仮設、検証からの展開に脱帽。とにもかくにも向上心がすごいですね。

設定を変えてもその効果確認には労力が必要ですが、そのフィールドの性格をいち早く読んで実験してる。

貴重なチャンスをいかに撮るか? なんでしょうがフィールドに行くと忘れちゃうんですねぇ~

まだまだ参加する事に意義がありの私には。。。(笑)
2014.09.09 22:23 | URL | #- [edit]
モずパパ says..."tubefisherさんへ"
こんばんは。
>貴重なチャンスをいかに撮るか?
そこなんですよねぇ〜、出来るだけ一日を充実した日にしたいので可能性がありそうな事にトライしてみる…。
いけそうなら数日掛けてでも検証する…って目的を持って撮ってるのが楽しいいです。
その繰り返しで、いつドコでも、どういうシーンでも対応出来る力が欲しいですね。
あと、カワセミなら何でも良いや…ではなく、個体ごとの行動特徴を掴んでおくのも大事ですよね。
と、マジメに答えてみたりして(笑)。
2014.09.09 22:49 | URL | #MMIYU.WA [edit]
toshibeh says..."こんばんは"
流石です!私などは前回教えていただいた設定で撮り続けています。全く宝のもちぐされですな!
それでも、今まで使っていたカメラよりは確実に良い画が撮れますので、1DXは凄いカメラです!
ファインダーの真中で捉え続けられなければ、どんな設定をしてもダメなのは判っているけど、それは至難の業!
今回の設定を参考にさせていただき、稀にあるまぐれに期待するだけですな!ジジイは・・・。
ご教授ありがとうございました。
2014.09.09 23:12 | URL | #rMWp.W2A [edit]
モずパパ says..."toshibehさんへ"
おはようございます。
このカメラ…設定で全然性格の違うモノになるので追い込んでいくと、面白いように撮れますね。
方向間違えると大変な目に遭いますが(笑)。
2014.09.10 08:26 | URL | #MMIYU.WA [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。