モモ Net Studio パパも一緒

カワセミ・ハヤブサの動体撮影を中心に拘り、日々模索中…

強風チョウゲンボウ_03

20210502-_DSC0011.jpg
α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/500sec ISO-400


朝の内の天気は晴れて風も吹いて無かったんですがね…
徐々に天気も崩れ風も強くなったり、夕方には晴れたけど爆風とか荒れてました。

それでも子育て中のチョウゲンボウには関係ないので、普段とは違った動きもありました。
まぁ、違ったのはこのメスだけだったんですがね。

割と性格が大胆だったようで、本当に去年までと同じ個体なのかしら?
とつくづく思いました。


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ

20210502-_DSC0232.jpg
α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/2000sec ISO-800

1時間後、オスが餌持って来たみたい。

20210502-_DSC0252.jpg
α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/2000sec ISO-800

20210502-_DSC0270.jpg
α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/2000sec ISO-800

20210502-_DSC0275.jpg
α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/2000sec ISO-800

SS上げ過ぎてアンダーになっちまった^^;

20210502-_DSC0289.jpg
α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-800

SS落としました。

20210502-_DSC0292.jpg
α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-800

ココからB面方向へ反転してしまったのと、オスの飛び出しも見逃したww

20210502-_DSC0390.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-1000

子供が大きくなったのか、給餌スピードも上がり僅か10分後には始まりました。

20210502-_DSC0396.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-1000

20210502-_DSC0398.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-1000

青虫…

20210502-_DSC0710.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/2000sec ISO-800

ガンガン行くかと思ったら1時間半以上待たされて、もうメラメラになってました。

20210502-_DSC0725.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/2000sec ISO-800

20210502-_DSC0726.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/2000sec ISO-800

20210502-_DSC0740.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/2000sec ISO-800

8:45…どうもあまり動きが良くないようで、この後動きが止まる。

20210502-_DSC0924.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-2000

一気に時間が進み、12時半で雨も降って風も吹いてます。
撮影位置を雨が凌げる場所から撮影。

20210502-_DSC0927.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-2000

20210502-_DSC1105.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-2000

20210502-_DSC1106.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-2000

20210502-_DSC1111.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-2000

20210502-_DSC1114.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-2000

20210502-_DSC1119.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-2000

20210502-_DSC1125.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-2000

雨イイっすねぇ〜♪

20210502-_DSC1148.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/200sec ISO-400

20210502-_DSC1183.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-2000

20210502-_DSC1204.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-2000

オスから貰ったミッキーを一度畦道へ下ろしたけど、結局は持ち込みとなった。
今年はカラスが多くて畔付近に備蓄する事が量ペアしない。

20210502-_DSC1327.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/800sec ISO-400

2時間半以上過ぎ、晴れ間も出て来たが爆風。
隣りのオスが定位置に上がったのが見えたので移動。

20210502-_DSC1339.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-1250

ちょっと希望と違う場所へ…

20210502-_DSC1359.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-1250

20210502-_DSC1375.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-1250

20210502-_DSC1381.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-1250

草と一緒にカナヘビか?

20210502-_DSC1387.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-1250

20210502-_DSC1396.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-1250

20210502-_DSC1404.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-1250

採ったカナヘビは抱卵中のメスへプレゼント。
次はと期待したけど場外へ消え、メイン側のメスも動かず困った。

20210502-_DSC1446.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-1250

隣との境界線付近に何か降りたので、出て来るのを撮ったら隣りのメスだった^^;

20210502-_DSC1458.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-1250

1分も経たない内に今度は完全に侵入して来て青虫ww

20210502-_DSC1477.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-1250

20210502-_DSC1478.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-1250

20210502-_DSC1479.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-1250

20210502-_DSC1483.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1600sec ISO-1250

構えてる場所に車があって邪魔だった。

20210502-_DSC1489.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-1250

また来た!!

20210502-_DSC1498.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-1250

今度は高い場所から完全に領空侵犯( ̄◇ ̄;)

20210502-_DSC1507.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-1250

コッチ側のメスは抱卵中で外が見えない。

20210502-_DSC1517.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-1250

オスは外へ狩りへ出てるので無法地帯か?
それよりも気になったのは抱卵中の巣の中へ踏み込んで行ったのも2回見たんだが…
特に揉める事なく出て来たけど、この両ペアの関係って一体どうなってる?

20210502-_DSC1578.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-1250

20210502-_DSC1583.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-1250

20210502-_DSC1596.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-1250

20210502-_DSC1601.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-1250

このメス凄いなww
完全にオスの餌場使ってる。

20210502-_DSC1609.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-1250

自分の巣へ持って帰るのだから当然正面飛翔になる。

20210502-_DSC1618.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-1250

20210502-_DSC1632.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-1250

グリーンバック狙いならコッチ側の方が断然イイのですわ。

20210502-_DSC1635.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-1250

要らんモン入った

20210502-_DSC1638.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-1250

彼女の巣は自分の背後なので、どこまで近くを通るか…

20210502-_DSC1643.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-1250

20210502-_DSC1649.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-1250

目線も高さも良すぎだわww

20210502-_DSC1653.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-1250

あっ、回避されたww

20210502-_DSC1659.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-1250

20210502-_DSC1663.jpg
▲α1+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-1250


撮影はココまで、以降は空抜けになりました。
また、今回はココまで。

次回は夕方のラストタイムです。
どんどん風が強くなって行く中、オスが戻って来て一悶着って流れですかねぇ〜。

しかし、今年のこのメスは動きが読めんわ。
意外なチャンスが多くて助かるけどねぇ。


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。