モモ Net Studio パパも一緒

カワセミ・ハヤブサの動体撮影を中心に拘り、日々模索中…

トラッキングの妙

20210220-_DSC0001-Edit.jpg
α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/3200sec ISO-640


AFテストを続けてるのだけど、ゾーンは大体分かったので今回はトラッキング(S)のテストを中心にしてみました。
って予想は付いてるんだけど、一応って事で…。

ゾーンとトラッキングの使い分けの一つとして撮影距離が重要だったりします。
遠目ではトラッキングで認識力が下がるので、ゾーンの反応とかも先に見ていた訳ですが、トラッキングは割と近くないとダメっぽい。

この距離も背景の人工物の形状にもよるかしら?
ココでは苦手なライン状の集合体となる縞模様にはゾーンもトラッキングもお手上げです。



↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ

スポンサーサイト



撮影目的がよく分からなくなったチョウゲンボウw

20210217-_DSC0004-Edit.jpg
α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/2000sec ISO-640


今年は強風でなければチョウゲンボウ撮影とし、強風ならカワセミ撮影と決めました。
またα9Ⅱでのチョウゲンボウ撮影も今年初になるので、色々と確かめたいのです。

ただ、時期的に単調になる動きなので撮影内容も同じ事の繰り返しとなります。
AFテスト的には同じ条件が繰り返される方が分かってイイのですが、撮った写真はどれも似たり寄ったり。

今回枚数が多く、通常なら2回に分けますが、分けるほどの変化がないので一気載せとします^^;


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ

上段飛翔だけでは話にならない

20210214-_DSC0020-Edit.jpg
α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/500sec ISO-640


前回のAFテストで露呈して直線的な人工物が並ぶバックではAFが簡単に抜ける事が分かりました。
今回も上段での活動が多く、短時間での撮影では成果が出ませんでした。

設定の見直しをしても同じ結果なので、抜けない位置から撮影するしか無いのかな?
ちょっと悪戦苦闘した内容で少ししか撮れ高が無かったので、サクッと今回は終わっちゃいますねぇ〜。


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ

風が強い日はカワセミ_01

20210211-_DSC0174-Edit.jpg
α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1250sec ISO-640


チョウゲンボウ撮影に行きたいのだが、現地は予報以上の風が出るため強風時にはカワセミ撮影する事にしてます。
ココは暗い理由は周囲が林で囲まれてるため、防風林の役目もしてるため撮影避難場所には適当であるww

しかし、時期は2月中旬…
秋より出入りしているオスといつくっついてもおかしくナイので、出に関しては不安だった。

オスの気配はあるものの、メスの方はまだその気がないようで普段通りだったので一安心。
気の長いメスさんなので、撮れ高は期待出来ないケドね^^;


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ

α系のAFが苦手なシュチュエーション

20210210-_DSC0056-Edit.jpg
α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/2000sec ISO-640


チョウゲンボウの正面飛翔のAFチェックをしていて、α9IIと言うかα系全てに於いて当てはまるのでは?
と言う事象があり、この条件下では必ずAFが抜ける事が判明。

長く使ってる人には当たり前なのかもしれないけど、自分は初めての事なので書き留めておこう。
ニコンでは問題なく追従していた背景では全く歯が立たないのですわ。

内容は写真掲載しながら書き留めておきます。


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ

今年は更に早めに偵察チョウゲンボウ

20210207-_DSC0009-Edit.jpg
α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/1000sec ISO-640


去年よりも相当早めに偵察に行ってみたら居ました。
コミミ撮影の前に立ち寄ってみたんですが、去年と同じ個体で、お隣も同じ個体でした。

コレで暫くは撮影と観察が出来そうで一安心。
何で例年より早くに来たか…αでチョウゲンボウはまだ撮っていなかったので、高速系の正面飛翔のテストがしたかったんですねぇ〜。

また、このフィールドでは去年はニコン機だったので、どうAF挙動が違って何が撮れて何が撮れないのかを知っておきたい。
その結果でハヤブサ撮影にも繋がる撮影サンプルとなるので、気がはやってましたww

サンプル抽出の撮影でもあるので、当面は去年の撮影スタイルをトレースします。
暫くは人工物バック撮影が続きそうですね^^;


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ

帰って来ました…近い・速いカワセミ

20210203-_DSC0015-Edit.jpg
α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/500sec ISO-640


ブログ更新が長らく止まってました。
GWは連日撮影してまして、写真選定から現像が山積みになりまして、ブログ更新よりも現像優先になってました。
α1になってからはファイル容量が大きいので、残す写真の選定が厳しくなったのと、
今までと現像ソフトも違ったモノを間に挟むようになったため、作業工程が増えた分だけ時間も必要になりました。

さて止まった分だけ記載内容も古くなります。
いつだっけコレ?

2/3のようだww
もう使わなくてイイんじゃね?って思うのですが、振り返って写真を見ないので備忘録的に使ってるので載せない訳にも行きません。

今5月中旬、いつ追いつけるのかな…


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ

ダイブ祭りだが、魚は居ない?_11(最終回)

20210120-_DSC0018-Edit.jpg
α9Ⅱ+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS f/7.1 1/2000sec ISO-640


朝から待てども主が来ず、上流へ散歩してると何時ぞやの若様発見!!
この子もパフォーマンスが良いので、撮影する事に…。

しかし、なかなか飛び込まず何かが様子が変な気がします。
前々回あたりから思っていた事があり、餌となるクロカワムシが減って来たのでは?と…。

元々、魚が極端に居ない場所なようで虫づくしだった訳で、肝心のクロカワムシが居なければ主も餌場を変えるはず。
前回が良かっただけにまだ分かりませんが、嫌な予感がします。


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ

該当の記事は見つかりませんでした。