モモ Net Studio パパも一緒

カワセミ・ハヤブサの動体撮影を中心に拘り、日々模索中…

2021暗い・近い・速いカワセミ_23

20211107-_DSC1482-standard.jpg
α1+FE 600mm F4 GM OSS f/5.6 1/640sec ISO-640


カワセミ在庫もやっと昨年の11まで来た( ̄◇ ̄;)
当ブログではまだ紅葉するのは先だww
正月休みも連日撮影に出てしまったので、在庫も溜まる一方でいつ追いつけるのだろう?

さて、今回も近所のカワセミ撮影ですが魚が少ないのか動きが悪いのか…
飛び込むまでが超長いんです。
撮り逃しや振り遅れ多数で半端な内容は相変わらず。

また今回もボタンカスタマイズは前回と同じで、シャッターボタンにトラッキングS・AF-ONにトラッキングストップを入れて撮影しました。


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ

スポンサーサイト



ハヤブサホームで初のα1撮影_01

20211024-_DSC0814-standard.jpg
α1+FE 600mm F4 GM OSS f/5.6 1/60sec ISO-400


去年の10月下旬の撮影。
ココでの撮影はR6以来となり、驚いた事にピッタリ1年前でした。

R6ではAFもダメ、ファインダーの見え方もダメで追いづらい結果になり、
早々にα9Ⅱへマウント変更した経緯のいわく付きのフィールドです。

他所では平気でもココでは通用しない…そんなフィールドです。
α系でも初、ロクヨンでも初となり、期待と不安の入り混じったスタートとなりました。


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ

2021暗い・近い・速いカワセミ_22

20211031-_DSC0048-standard.jpg
α1+FE 600mm F4 GM OSS f/5.6 1/20sec ISO-400


今回も天気が悪い上、となりの暗いエリアスタートです。
また、慣れない親指AF封印の2回目です。

α9系には無い『押す間トラッキングOFF』を親指AFボタンに割り当ててます。
シャッターボタンにはトラッキングL、親指押すとスポットLとなる仕様ですね。

少しでも面積を狭くして手前に飛沫対策と思っているのですが、まぁ長く染み付いた撮影手順は変えられない
頭で分かっていても、指が離れなくてww



↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ


2021暗い・近い・速いカワセミ_21

20211027-_DSC0669-standard.jpg
α1+FE 600mm F4 GM OSS f/5.6 1/50sec ISO-640


今回はこのフィールドでは一番暗い場所での撮影。
気温が下がって来ると餌場がコチラへ移って来るのが例年の事。

ただ、去年と個体が違うので見ながらにはなりますが…。
天気が悪かったので、少しでも向きが良さそうな立ち位置にしてみましたが、あまり関係無かったかも^^;

とにかく飛び込むまでが長くて、長くて…魚少ないんでしょうねぇ〜。
待ちが長くて降り遅れがメインの結果でしたww


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ

今期は不作なミサゴエリア

20211103-_DSC0238-standard.jpg
α1+FE 600mm F4 GM OSS+SEL14TC f/5.6 1/3200sec ISO-640


前の年が出来過ぎだったか、期待値が高くなったのがイケなかった。
通年はこんな程度だったのだ。

それでも今期は厄介な個体が居て、そいつが居座ると他の個体が入って来れない。
見張り番する場所が悪すぎる!!

3日分をまとめて載せて終いにしよう…。


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ

2021暗い・近い・速いカワセミ_20

20211020-_DSC0397-standard.jpg
α1+FE 600mm F4 GM OSS f/5.6 1/160sec ISO-400


前回は記憶がサッパリ抜けてましたが、今回は大丈夫ww
かなりの強風となった日でした。

ココは割と風の抜けが悪くて影響は少ないのですが、西寄りの風となると話は別。
水面も波打ってますが、砂埃も凄くなる時もあるので勘弁願いたい。

この頃の個体は割と行動範囲が広く、一旦抜けると長い待ちとなる事も珍しくありません。
前の主との違いがこの感覚でして、来れば必ず撮れるって保証もなくなりました。


↓ランキングに参加しています。
↓『ポチ』していただければ歓喜感涙です。 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


鳥写真 ブログランキングへ